ナンバーワンよりオンリーワン

ナンバーワンよりオンリーワン

ビッグワンを求めて東奔西走している週末アングラーの釣行記です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

リーダーチェックのススメ

こんばんは~ 


先日のラインブレイクがどうしても頭から離れず・・・

仕事も手につかないtossiです←ウソつけ!


理由を解明しないと気が済まない性格なんで、

さっさと釣りに行くのが一番なんですがそうもいきません。


といってもこのままじゃ気持ち悪い・・・

そうだっ!

ひとつ思いついた事を試してみましょう!


それは自分の手で「前回の状況」を作り出してみる事。

まず「前回ブレイクしまくったライン」を両コブシに巻いてみます

(↓下図はイメージ画像です)

手


この状態でゆっくりと力強くコブシを左右に広げます

・・・グイッ 

切れません!

ってか手ぇ痛てっ!!


さて今度は勢い良く左右に広げます。「えいっ!」

・・・プチッ( ̄□ ̄;)!!


もう一度「えいっ!」

・・・プチッ ( ̄□ ̄;)!!( ̄□ ̄;)!!


えっ!?って思うぐらい簡単に切れてしまうんです。

(注意!加減せずに思いっきり引っ張ればどんなラインも切れると思います)

徐々に加わる力には強いけど、一瞬のショックにはトコトン弱いんですねぇ


コレが「大アジ」だったらと思うと・・・怖っ!



こりゃ駄目だ!

こんなんじゃ切られて当たり前(-_-メ)

もやもやが半分すっ飛びました(^^)




こうなると他のラインが気になってしょーがありません

そこで持ち出したのがコイツ!

リバージ

一度使って水洗い後、引き出しの中で1年間眠ってました(^^;

実験にはうってつけのブツです。


早速「えいっ!」

・・・プッ!

さっきより簡単に切れました。


もういっちょ「えいっ!」

・・・グンッ  「痛っ!!」

切れません!!


なぜか?って?

みなさん分かります?


(分からない人は最後まで読んでね)




さらにさらに古くなったナイロンも試します。「えいっ!」

プツッ!

もういっちょ「えいっ!」「えいっ!」「えいっ!」

プツッ! プツッ! プツッ!

笑っちゃうぐらい切れまくりです(^^) 

ごみ箱へぴょーん!






・・・ということでJ州屋さんでNewリーダー買ってきました!

ティペット

↑コレ、フライ用のティペットと申します

ちょっとお高いですねぇ。。。

でもフライフィッシングでは絶大な支持を受けているんです。

フライ(ドライ)は一撃必殺の電撃アワセが基本です!

その状況でこのラインは真価を発揮します。

(他にも利点はありますがやめときます 今は・・・)

淡水用だけどtossiは気にしないんです(^^;

しかも・・・そーです。ナイロンです。

急激な走りを「ナイロンの伸び」がいなしてくれるんでは? な~んて思っとります。

(↑本当はフライでも使おうと思ってるからです  ハイ)


ところでコイツ、いつから「紫外線対策パッケージ」になったんだ??







さて、先程のラインが切れなかった理由・・・

そう!表面だけ劣化していたんです。

(長時間保存してたラインは表面だけ捨てた方が良さそうです)


新品でも値札が黄ばんでいたり、埃をかぶっていたら要注意!

劣化している可能性大です。特にナイロンは・・・。

購入する時は、商品陳列棚の「一番奥」から取った方がいいかも?



この記事に心当たりのある方!

一度チェックしてみる事をオススメします



以上、tossiのへなちょこ実験でしたm(_ _)m

スポンサーサイト

 
 

Comments

 
ラインの劣化も、お財布を直撃しますよねぇ~。

クリアー系のワームで陳列棚の一番前に置いてある
商品が、黄ばんでるのを見たことあります(笑)

おっ、今度はナイロンの4.7lbですか!

これで、ヤツが捕れたら感動ものですね。
 
ナイロンは伸びるという特性はいい面も悪い面もそれぞれ持ち合わせてるんだけど、それを理解した上で、それを活かした釣り方で使う分には全然アリですよね。
そこでティペットを持ち出してくるあたりはさすが・・・っていうか、そういうの私もスキ。
私もナイロン数種類試したけど、結局、フロロに落ち着きました。
リーダーは数種類試した結果、クレハのシーガーグランドマックスFXに落ち着きました。
直結でそのまま使うフロロもいろいろ試したんです。
行き着いたのがブリーデンのフロロカーボンライン1000Mボビン。
性能もコスパも満足してたのに・・・最近あんまり売ってないような。
どっかないかな~
ちがうラインにも興味はあるので、今ある分を使い切ったら、またなんか試してみようと思ってます。
おすすめのフロロあります~?
Re: タイトルなし 
I君 コメントどーも!

「ナイロン」ってトコが俺らしいでしょ(^^)

ワームが黄ばんでたらズバリ「買い」でしょう!
だって自分だけのオリカラだぜ(爆)
冗談はさておき、I君の住んでる地域は「ブラックバスメイン」だから
アジメバワームは回転率が悪いんだろうね。

そろそろアジメバの常磐近況を知りたいんだけど ←脅迫してます
Re: タイトルなし 
釣源さん コメントいつもありがとです!

ナイロンを選択したのは他にも思惑があります。
リフトフォール&ボトムステイを多用する僕は、出来るだけラインに浮力が欲しいんですよね(^^;
リフト時→フロロだと沈み気味になっているので、ゆっくりリフトした時ワームが上でなく横方向に動いてしまう。(出来るだけ上にリフトさせる為PE&ナイロンを選択)
ステイ時→ナイロンの浮力としなやかさを利用し、ボトム放置したワームが浮き上がりクネクネする状態を作る。(その為、JHは未使用、フックは最小のセッティングにしてあるわけです)
↑当然、僕の持論ですので間違っている可能性も大です。

釣源さん、ティペット知ってるの?
もしかしてフライもいけるくち?

13のフロロカーボンライン1000Mボビン。 確か近所の釣具屋に置いてあったような・・・。 
「釣源さんのオススメライン」っつーなら僕が先に買っちゃおうかな?(^^)

おすすめのフロロあります~?
ありません(^^; オススメ出来ないラインならいくらでも・・・
とりあえずシーガ○エース。糸癖と劣化が・・・いや!メーカーが悪いんじゃないんです。
特価品を買った僕が悪いんです(T_T)

 
常磐のアジメバですか・・・

最近は、ちょっと寒いですからね・・・
4月ぐらいになったら、調査しに行ってみます。

釣れたら、連絡しますね。
 
ライン自体の比重でも浮力というかフォールスピードは変わってきますよね。
それとワームの比重、形状も意外と影響あるかもしれませんね。
軽くてボリュームがあったほうがフワフワしそうだし、カーリーテールなんかはフォールしたとしてもゆっくりだろうし。

ゆっくりフォールで思い出したんだけど、遠いポイント攻めるのにフロートリグってどうなんだろう?
あんまり好きじゃないリグなんで久しくやってないんだけど。
やってみようかな?

ブリーデンのフロロカーボンライン1000Mボビンは8300円以下だったら買いですよ。
私が使う2.28ポンドがなかなか売ってないんです。
今度見つけたら価格とポンド数を見といてくださいな。
遠くても買いにいっちゃうかも。

フライはやったことはないんです。
渓流でのテンカラとかエサは以前はやってたんですけど。
管釣りも1度も行ったことがないんです。
流行ってるみたいですけどね~
Re: タイトルなし 
I君 どーも!

常磐のアジメバ・・・
できれば新規でおねがいしや~っす! ←鬼
Re: タイトルなし 
釣源さん こんばんは!

> ライン自体の比重でも浮力というかフォールスピードは変わってきますよね。

確かにそうですね!
ところで僕がリフトフォールをやると「リフト時の立ち上がり」にアタリが集中します。それって僕だけ?

> 遠いポイント攻めるのにフロートリグってどうなんだろう?

釣れない事ないけど、空気抵抗ありすぎて中途半端な飛距離になりますよん。(特に風に日は)
釣った感がさらに薄くなるし、魚からの違和感もあるだろうし、僕も敬遠中なんです。
あと、ブリーデンラインの件、了解しました!見ておきます!

> 管釣りも1度も行ったことがないんです。

管釣りルアーにも色々なスタイルがありまして、僕は「縦釣り」といったフォールの釣りがメインです。
完全に「ラインでアタリを取っていく釣り方」なんで、めっちゃ繊細で勉強になりますよー!
 
私もリフトフォールを多用しますけど、私の場合はほぼ100%フォールのときにアタリます。
フォール直後にアタルことが多いし、フォール中に誘いを入れると、その直後にアタルことが多いです。
ってことは、リフトとフォールの中間、つまりほんの一瞬の漂った瞬間からフォールに移行するタイミングが一番喰ってくるということかな?

おもしろいことに、フォール中にとれたアタリはほぼ100%上顎にフッキングしていて、ほぼバラシがないという自負があるんです。
リトリーブ中のほうがアタリ自体は大きいんだけど、上顎以外の所にフッキングする確率がわずかですけど高い気がしています。

「リフト時の立ち上がり」にアタリが集中ってことは、ノーシンカーのワームがうまく漂ってるってことですよ。
遠投している分か、リーダーのラインスラックでワームをくわえた瞬間のアタリが取れていない可能性があるんだと思います。
それでも釣果が出せるってことは、魚がホントに違和感を感じてなくて、くわえてる時間が長いんじゃないのかなと。
フォール時に食いに来て、次のリフトのときまでくわえてるか呑んでくれてるからじゃないのかな?

私はスプリットのときも単体のときも、程度の差はあるにせよ、テンションかけた状態でフォールさせてます。
アタリがあってもアワセないでいたり、遅れてアワセたりすると、やっぱり乗らないことのほうが多いです。
わずかでもテンションがかかってる分、吐き出すのも早いのでしょうね。
私はその吐き出させる前に電撃フッキングさせて上顎貫通ってのが楽しいんです。

こんなことを思っていたからこそ、ノーシンカー呑ませ釣法は考え方の勉教になります。
漂わせの究極であるノーシンカーと、アタリをいかにとっていくかという楽しみ。
まだまだ研究の余地は大いにありそうですね。







Re: タイトルなし 
釣源さん こんばんは~

釣りは奥が深いですよねぇ(^^)
大事なのは「流行」に惑わされず、自分のスタイルを確立する事だと思います。
結果は「釣果」として返ってくると信じています。

 
<- 08 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
profile

tossi

Author:tossi
みなさん はじめまして!
千葉県東葛地区在住のtossiと申します
フライ、トラウト、カンツリ、シーバス
エギング、ショアジギ、アジング、
メバリング等なんでもあり
最近フラットも始めました☆
何卒宜しくお願いしますm(_ _)m

tide graph
shopping
trackback
検索フォーム
メールフォーム(非公開)

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。