ナンバーワンよりオンリーワン

ナンバーワンよりオンリーワン

ビッグワンを求めて東奔西走している週末アングラーの釣行記です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

メバルあれこれ



週末はスキーに行ってました

今回はエーデルワイススキーリゾートです

初心者向けでリフトも空いていていいスキー場でした

スキー

子供がどんどん上達してゆく姿を眺めるのはいいもんですね

すり鉢状ののコースには壁も多く、ワンメイクやウェイブも設置されているんで

次回はスノボ乗ります! ブーツ買い替えたし・・・



日曜は釣り具屋に行って

これから始まるであろうビッグゲームの準備を・・・

バイブ

鉄板バイブです

まぁ、たくさん持ってますが

これ、35gあるんです

いままでメタジじゃなきゃ届かなかった沖のブレイクをコイツで・・・


あとは消耗品を

フック

がまのMH

去年はノーマルフックを曲げられまくりましたからねぇ

僕にとってはかなりの高額商品になりますが、涙をこらえ・・・









さて、前置き?が長くなりましたが本題に・・・

今回はデカメバのタックルをメインに

スタイルを交えながら

僕なりの理論を勝手気ままに書きなぐっていきたいと思います

的外れな事も書いてると思いますが

あくまでも僕の経験に対する憶測です 軽く流しちゃってください






<ロッド>

フィネッツァの86使ってます

ちょっと長いんじゃない?と思う人も多いでしょう

でも、もっと長くてもいい!ってのが僕の本音


僕の主戦場は地磯、もしくはテトラ帯

分かる人には分かると思うんだけど

長さがないとなにかと辛いのよ


最近はオーバーパワーのロッドも欲しいっちゃ欲しいんですが

軽量リグをメインにしている僕には結構ツライ・・・


フィネはティップがしなやかなんですよ 1g前後は楽勝!

で、なおかつバットが強く尺メバのブチ抜きも可能ですんで


買い替えできません(笑)






<リール>

07ルビアス2506W

ロングロッドとの見た目を考え2500ボディにしてます


優秀なドラグ?

要りません!ただ一気に巻くだけですから・・・

ドラグがスムーズに機能したら潜られます(笑)

まぁ、リールに関しては「なんでもいいんじゃない?」ってのが率直な意見です

タックル




<ライン>

PE04使ってます

理由は強いから

フロロでもかまいませんが

強さを求めるとかなりの太さが必要になりますね

今のPEは04で8lbですが、

同じ強さをフロロに求めると、太くて硬い!! 僕の息子とはマギャクだ

まぁ、実際3lbでも十分強いですけど・・・


「PEでは根ズレが心配」って方もいらっしゃると思いますが

デカメバはゴリ巻きが鉄則です!

掛けた後、主導権が握れてればまっすぐ来るだけです


寄り道させるからいけない(笑)


”左右に走られPEが根に接触”

それはある意味”負け”を意味しています

僕もたまにやります(笑)







<リーダー>

フロロの7lb(1.5号)を1.5mほど

結束はトリプルサージャンス(+0.5)

今んトコ問題ありません







<メソッド>

超スローのタダ巻きがメインです

夜メバルは表層をしっかりと見てますから・・・

超スローに表層を漂わせるってことを考えると

必然的に軽量リグが有利なことに気付きます

ちなみに僕は0.75g~1.5gを多用してます


また、下手にアクションを加えたり、フォールさせたりしない方がいいです

(あくまでも夜メバルの話です デイは真逆となります)

フォールさせる=レンジを外す

結果、ミスバイトを誘発させることに・・・


興味深い例を出すと

口の違い

なにが言いたいか?分かります?

メバルは受け口なので上のレンジを泳ぐ魚やアミを捕食するのに好都合

カサゴ、ソイは口が下を向いているのでボトムの甲殻類を捕食するのに好都合

まぁ、勝手な想像ですが、

メバル → 表層

カサゴ、ソイ → ボトム

という方程式が、僕の中で成り立っています


プラグなんかを使うとこの辺の問題は解決できます

勝手に表層をレンジキープしてくれますから・・・

プラグのレンジキープ力は、時として絶大です

初心者はプラグの方が釣れるんじゃないかな?










<アワセ>

即アワセはしません

モゾモゾしたら必ず”聞き”に入ります

(軽くテンションかけたくらいじゃ相手には気付かれません)

メバルと分かったら

ワンテンポ待ってから一気にアワせ、ゴリ巻きへと繋げます

デカメバルは口が硬いんで、アワセは強めがいいです


そう!ブラックバスそのものです

昔、ワームやラバジでランガンしてた人ならこの辺が理解できるんじゃないかな?


デカメバルは自重がある為

ワームを咥えてからも何事も無かったかのように泳ぎます

それに気付かず巻き続けると、そのままファイトへと繋がってしまう

よくあります(笑)









好き放題書かせて頂きましたが

デカメバを真夜中に狙う場合

という注釈を追記させてください



デイメバルが釣りたいのであれば

上記とは真逆の操作が必要となりますし


朝、夕マズメだったら活性が上がってるんで

難しい事を考えなくても釣果は伴います


水深のある漁港で20cm前後を狙うんでしたら

今書いたことは一切当てはまりません 

忘れてしまって結構です←言い切った


アジングタックルでフロロ?エステル?

全然OKです!!


むしろ小型と遊ぶにはソッチの方が面白い

僕もそんなゲームが大好きです


もうちょい暖かくなれば

デカメバルの行動範囲が広がります

今は小型で我慢しようじゃあ~りませんか!








今回の記事はあくまでも僕の経験論です

決して参考にしてはいけません


また、メディアばっかに見てる人は

暇があったらフィールドに出掛けてください



全ては魚とフィールドが教えてくれますから・・・




んじゃまた!




スポンサーサイト

 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

tossi

Author:tossi
みなさん はじめまして!
千葉県東葛地区在住のtossiと申します
フライ、トラウト、カンツリ、シーバス
エギング、ショアジギ、アジング、
メバリング等なんでもあり
最近フラットも始めました☆
何卒宜しくお願いしますm(_ _)m

tide graph
shopping
trackback
検索フォーム
メールフォーム(非公開)

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。