ナンバーワンよりオンリーワン

ナンバーワンよりオンリーワン

ビッグワンを求めて東奔西走している週末アングラーの釣行記です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

初めてのツツイカ




8/24(土)AM5:00 

僕は内房地磯に到着した

向かい風が酷いが

問題は

激荒れ(泣)


間違いなく波にスッ飛ばされる


内房は普段穏やかだが

ちょっとでも波が高いと

漂着物や濁りで釣りにならなくなる

・・・

・・・

・・・




まぁそれはいいとして

今日は外房アジンガーさん達主催の清掃活動

外房@興津に9:45集合である

当然、参加するつもりだ


その前に一振り

と思ったのだが・・・



内房に見切りをつけた僕は

鴨川の某テトラ帯に居た


時間は午前7:00

LSJタックルを片手にテトラに降り立つ


ルアーはTDソルトペンシル

12.5cm

そう、狙いはデカショゴ



ボコッ.....ボコッ.............ゴポッ

ソルペンが視界から消えた・・・

と同時にLSJロッドがギュ~ンと引きこまれる!!

ショゴか?シバスか?もしかしてアヤツか?



で、バラす





気を取り直してもう1投

ボコッ.....ボコッ.....ボコッ.............バシュッ

またまたソルペンが視界から消えた・・・

と同時に強烈な引きこみ!!

追い合わせを入れた瞬間




またバラす





嫌な予感は的中した

僕はトップでのキャッチ率が異常に低いのだ(バス時代より)

結局、チャンスは2回のみ


ジグにチェンジするも終始チビカマスの猛攻で終わった

素直にミノーでも結んでりゃよかった トホホ



あとで分かったのだが

最近絶好調のタキさんもすぐ隣りの磯で

ショアジギってたらしい

で、マサっぽいのバラしたって・・・









9:45 清掃活動開始

今回は川津港、興津港、天津港を清掃した

みなさん、ホントお疲れ様でした


それと・・・

せっかく掃除したんだから、もうゴミは捨てないでね

ヨロシク!!







清掃後は睡眠を挟み

15:30館山湾に移動

友人もくるらしい



それにしても、館山湾はいつも静かだ

内、外がダメな日でも釣りになる

予想通り、今日もベタナギだ


でもね

全く竿を出す気になれんのですよ

だって静か過ぎて

釣れる気しないんだもん


”夕マズメのソウダ”を待っているのだろうか?

岸壁にはたくさんの釣り師がいる・・・

今なら場所は空いている

夕方まで待つことが出来ればソウダ確保は堅いだろう

でも・・・






「決めた!」

「内房の地磯に賭ける!!」

一発大物が欲しい

朝のリベンジをしてやる






16:30 内房地磯到着

一等地には誰も居ない

なんでか?

僕にはなんとなく理由が分かっていた





「どっぱ~ん」


5分ももたずに全身に波を被った

ビーチクが透けて丸見え

まるでグラビアアイドルだ オエッ


もう気にする必要はない

だって全身濡れちゃったから・・・

さぁ釣りに専念するぞ!




って、またアンタかいっ!

カマ

あいかわらずいいサイズだ

メタジはムーチョの45g


ジグでやってると毎投毎投コイツがもれなく付いてくる

特にカーブフォールがお好みのようだ

LSJロッドでもアタリはしっかりと伝わるんだ

「コツっ コツっ」 って・・・^^;


でも、出来れば来て欲しくないんだよな

だって、リーダーに噛み跡つくから・・・


いやね、リーダーが傷つくと結び直さなきゃいけないでしょ

そのたんびFGノット組んでたから、正直うんざりしてたんだ




結局、残念ながら青物には振られ

半ばヤケ気味にエギング開始


こんな大荒れじゃ釣れるわけないって思ってたんだけど

エギンガーが周りに5人も居るんだもん

期待しちゃうわなぁ(笑)







「ん?なんかキタぞ??」

ツツイカ

ギャハハ

ツツイカじゃん

初めて釣っちゃったよ


エギはバークレイのなんてったっけ?

まぁい~や

それの3.5号D


赤いから、アカイカでいいのかな?

↑思考が単純

旨そうだから持ち帰ろう・・・


辺りはすっかり暗闇

セットが5分に1回程度入るのだが

暗くなっているので、寸前まで気付かない

おかげで逃げ遅れて、背中までグショグショ


さすがにメゲた・・・

周りも一杯も上がってないし



次回は着替えも持っていこう

帰りの車中が寒くてたまらん(笑)








帰宅して一日経った今、

気のせいか?身体がダルいような・・・

リポD飲んで、今日は早めに寝よう



んじゃまた!





スポンサーサイト
 
 

常磐アジング



「今、常磐が熱い!」

・・・な~んて勝手に思っているtossiです


根拠もなにもないんですが

最近気になってしょうがないんですよ


ということで

中型青物が釣れている内房~館山ラインを無視して

あえて”いばら(茨)の道”へ・・・





8/16(金)深夜

常磐に向けて出発


AM1:00現着

朝一の無謀なヒラマサ狙いまでは時間がある

仮眠は取らない


なぜなら

「常磐アジ」の調査があるからだ

去年からず~っと気になっているアジPがあるんだよね


ソコは周辺漁港とは離れており

アングラーの姿を見た事がない

なんの変哲もないただの海辺


だが、波の立ち方がココだけ特殊なのだ

見る人が見れば

「ココ怪しい・・・」

となるのである


消波ブロックからの釣りになるが

落差はないし、非常に乗りやすい

取り込みもし易そうなんでショートロッドで勝負


1g単体からスタート

だが、思ったより浅く

キャスト=即着底=根掛かり


仕方なく0.6g単体に変更

狙いたいポイントに届かないが

根掛かりで場荒れするよりマシだ


久しぶりに全神経を手元に集中させる

・・・

・・・

エステルラインから信号がキタ!

アジさんみ~っけ!

アジ1

おろ?

サイズがいいんでない?

しかも鰭のイエローが外房より鮮やかだ

アジ2

ほら!

またいいサイズ!!


アジ3

ヤバイ!

コイツも太い!

当たりを引いちゃった!?


決して爆釣ではないが

忘れた頃に良型がポツっとくるパターン

まさに外房ホームのそれ


まさか、常磐にもこんな所があるとは・・・


今ココに”常磐ホーム”誕生(祝)




さて、時間は3:00

テトラポチャ、

ラインブレイクをやらかしたところでアジング終了

25upのみ5本の釣果だった


後ろ髪を引かれるが、

時間的にビッグブルーの場所確保に向かわなくてはならない

次回はロングロッドも持参し、ゆっくりと攻略してみよう






3:30 某地磯IN

幸い先行者は居ない

一等地確保完了!!


だが、マサ様からの反応はなかった・・・

理由はコレ

地磯

海がおとなし過ぎる

サラシが・・・


・・・と、地元のアングラーが言っていた(笑)


とりあえず、僕の他に2人ほど本職が居たが

あまりの気配のなさに早上がり


僕もあまりの暑さに心が折れる

ウェーダーの中は汗でグシャグシャだ

仕方なく6:30にロッドをたたんだ

タックル

このゴツイラインシステムはいつ活躍するのだろう?

頼むから本命あげる前に劣化しないでね



終わってみれば

「ホントに常磐は熱いのか?」

って感じだけど

アジに関しては答えはYES


ただし漁港の釣果に関しては全く分かりません

僕は行ってませんので・・・


機会があればまたチャレンジしてきます!



んじゃまた!




 
 

クワガタのはなし



じつは僕、クワガタが大好きだったりする

40を過ぎた今でも

親友Kと深夜の森を徘徊したりする

マニアではありませんが・・・



5年ほど前の話なんだけど

オオクワが”黒いダイヤ”なんて言われてた頃

オオクワを幼虫から孵した経験があるんだよね


だけど超適当にやってたもんで

コクワみたいなのがマットから出てきて・・・

「なんだよ、メスかよ↓↓↓」

なんてガッカリした事があった


でもそれは結局、小歯のオスってヤツで

栄養が足りなくて小さくなったらしい事が判明した

自分のせいだ

未熟児

まさにコレ↑

メスのがデカイぢゃん(笑)


でもちっこくてとても可愛いかった

成虫になってから3年も生きてくれたんで満足だった


今度は大きく育てるぞ!!



それから月日は流れ・・・



先日、ペットショップで買ってきた

幼虫購入

オオクワの幼虫

めっちゃ安いでしょ^^v


今回は失敗しないよう菌糸ボトルなるものも買った

菌糸ビン

1本¥400ぐらい

オオクワ幼虫飼育の基本らしい


早速、温度合わせだけして

幼虫を入れてみる・・・

潜り

うんうん、順調だ


あとで判明したのだが

どうも購入してすぐに幼虫を入れてはダメみたい


そう!僕は説明書を読まないタイプなのだ


でももう手遅れ

幼虫はボトルの奥深く潜っていってしまった


2~3日様子を見たが食痕も出たし大丈夫そう

あとは本人達に任せるしかない!


きっと大きくなって顔を見せてくれる事だろう



頑張れ!僕のオオクワたちよ・・・




ってか、

どっちもメスだったらどうしよう(爆)




 
 

シイラハント?



[ シイラ ]


まだ手にした事のない未知の魚
ペンペンでいいから釣ってみたい・・・

先週土曜に、釣り友である”ゲーリーカップル”が
内房Pを先行調査をしてきてくれた
で、予想通り激混みだったらしい

早くから場所をキープするも、
左右からプレッシャーをかけられ最悪だったとの事

外房、南房に続き、内房まで場所揉めかよ・・・トホホ

肝心の釣果を聞いたところシイラは上がってなかったらしい
ガクッ...Orz
でも周りが釣れていないなか、宗田鰹を仕留めたとの事
サスガだね!


さて・・・
シイラが釣れるかどうか?は別として
そんな話を聞いてしまったら
平日といえど早くから場所取りをしなくてはならない

寝坊常習犯の僕
はたして起きれるのか・・・?











8/8(木)4:00
内房地磯に突入

よく頑張ったオレ!
(目覚ましは3:00にセット  3:30には入磯してるはずだった事は内緒です)

早く来たつもりだったが
先行者あり
結局一級ポイントは確保出来なかった

明るくなるのを待ち
先行者さんに声掛け実施
快諾いただき2人でシイラハント開始!!

先行者さんは地元の方で
頻繁にココに来てシイラを狙ってるらしい
この上ない味方を手に入れた!

とか言ってる間に
早速アタリが・・・・・















カマス
エンピツなら写真撮らなかったんですが
結構いいサイズなんすよ
ちなみに写真のミノーは青物用プラグ(デュプレックス30g)ですから・・・

肝心のシイラは全く音沙汰なし
「今日はダメっぽいですよ」
とやんわり悟らされる

先行者さんは、狙いをカマスに切り替え
オカズハンターと化している

万事休す・・・・・・













時はすでに6:00
日はすっかり昇り
容赦ない日差しが降り注ぐ

表層を諦め
イナダ、シバス狙いで鉄板バイブにチェンジ
ボトムから立ち上がったベイソニック80が
ヤツを連れてきてくれた

シイラ

ウッシャー!
人生初シイラ!!ペンペンだけど・・・

てれれれってって~ん♪
レベルアップ

エキスパートのみなさんにしてみりゃ
どうでもいい一匹でしょうが
僕には・・・僕には・・・ウルウル


コイツは単発で終わり
1時間後にまた時合いが訪れる

先行者さんミノーで掛ける→バラシ 惜しい!!


僕はその時ちょうどドラペンFを使用してたんで
そのままサーフェスゲームへしけこむ

ゴボッ!
横からアタックするシイラ

ガポッ!
ドラペンに覆いかぶさってくるシイラ

背鰭を出して猛追するシイラ・・・
ほら!もう後ろに引っ付いた!!

止めるべきか?止めないべきか?
タダ巻きでいいのか?
ジャークさせるべきなのか?

どうすりゃいいんだオレ???















結局、一度も乗せる事が出来ず惨敗
時合い?はたった2投で終了
ってか、そもそもペンペン相手にルアーがデカ過ぎじゃね?
ドラペン
14cmだもん
もうワンサイズ小さいの持ってたら乗せられただろう・・・
↑うそつけっ!お前にゃ無理だ!


8時には気配がなくなり
先行者さんと一緒にStopFishing!

初物なんで記念撮影
ブツ持ち
誰だ!小せえ言ったヤツは!!
まぁ、この状況で1匹獲ったんだから上出来でしょう ハハハ
次回は両手で持てるようなの釣ってきます!!オイオイ^^;


先行者さんはココで帰宅
僕は午前いっぱい釣りが出来るので
他に行ってみる


某有名堤防
有名堤防
先端に3人しか居ねーし、竿すら握ってねぇ
もしかして日焼けしてんの?

ダメだこりゃ!


館山ソウダ鉄火場にも行ってみたが
半分以上のスペースが作業中の為
狭いエリアに釣り師集中
空席なし!!
エッサマンの爆釣を指くわえて見てるだけ

ダメだこりゃ!



さぁ、諦めはついた!帰ろう!



帰り際にふと、宿題を思い出したので
シイラポイントに寄り道

じつは先程、空き缶を置いてきちまったのだ しかも2本(恥)

回収しに行こう
ロッド持って・・・(笑)
















14時帰宅

結局シイラは1匹しか釣れなかった
でも価値ある1匹だった

早速フライで食べてみた
フライ
臭みなく、癖もなく
旨い?って聞かれたら「旨くない」
不味い?って聞かれたら「不味くない」
そんな味でした
要するに普通・・・


僕は持ち帰る価値のある魚だと思います
みなさんも先入観を捨て食べてみてはいかがでしょうか?


んじゃまた!




 
 

雑記




先日の事故から

なんやかんやあって代車が来た

代車

結構いい車です

燃費も良さそうだし、

修理が完了するまで釣りに活用させてもらおう



ところで、先日のキャンプで手持ちのレインウェアがダメになった

土砂降りの中、5分ほど外に居ただけでビシャビシャ

友人のノースのレインは10年モノだったのにへっちゃら

新調しなければ・・・



ということで

ドライブがてらに酒々井アウトレットモールに行ってきました

エントランス

土曜日だったんで

混雑を覚悟してたのですがガラガラでした


ココ酒々井では

アウトドアブランドが正直少ないです

気になるのはこの辺くらいかな?

コロンビア
コロンビア 
キャスティ○グでおなじみ

Marmot.jpg
マーモット
ブランド初のアウトレット店舗!!

コールマン
コールマン
アパレル関連も置いてあります


今回、狙ってたのは透湿のレインジャケット

簡易的な2レイヤーではなく、出来れば丈夫なゴアテックスがいい


ブランド的にマーモットがいいな♪

な~んて思ってたんだけど

考えが甘いっ!!

アウトレット価格でも高い高い(笑)


早々とレインウェアを諦め

各自好きなショップへ散開

G-STAR_2013080423421371c.jpg

G-STAR RAW

ボトムスは充実してたけど、トップスはイマイチ

期待してたんだけどなぁ・・・


飯食って3時間ほどで撤収

たいした収穫もなく帰宅



帰り際、印西@WILD1で

再度レインウェアを物色・・・


コッチの方が全然充実してるじゃん

でも大手アウトドアブランドはほぼ定価 ガクッ


おっ!?

「リバレイ透湿レインスーツ ¥5680」

安っ!!

ゴアテはまたにして、コレ買っとく?みたいな・・・


とりあえず現場での購入は踏みとどまりましたが

多分買うでしょうね(笑)



こうして早くも夏休みが終わったtossiでした

明日から会社だ

行きたくね・・・



んじゃまた!




 
 

遠征キャンプ



うわ~ん
やられた~
VOXY.jpg

赤信号で停止してたら
「どか~ん バキッ」
相当な勢いでぶつかってきたんで
衝撃により、車が2~3m前に飛ばされ
危うく友人Kの車のお尻にキッスするとこでした

車はあまりの衝撃でフレームまで歪みました
積載物にも多少の影響あり
ただ、不幸中の幸いで
僕を含め、家族は全員無事
ただ、娘はしばらく情緒不安定状態が続きましたけど・・・

事故現場は長野県松本市
じつは遠征キャンプの帰りだったんです・・・
















7/28(日)

今日から3泊4日のキャンプだ
親友Kが全てのお膳立てをしてくれた
場所は奥飛騨
フライフィッシングの聖地”蒲田川”のすぐそば

最寄ICは長野道の松本
本来なら、首都高三郷 → 中央道 → 長野道が最短ルートだが
外環三郷南 → 関越 → 上信越 → 長野道ルートで行ってみました
でも高速料金は後者の方が安かったりします^^;

高速を降りてからも2時間弱、ベタ(下道)をひた走る
道中には気になる河川が盛りだくさん
河川
釣れそうでしょ

自宅から6時間掛けようやく
キャンプ場
奥飛騨温泉郷オートキャンプ場
到着

入場してみるとキレイに整備されており
遊び場、施設も充実しており、清掃も行き届いておりました
また露天風呂、コインランドリー、売店なども併設されている為
快適なキャンプ生活ができます

標高が高いせいか?虫は少ないとの事
ただ、気温は東京とたいして変わらないのです(驚)
どうも昼と夜の気温差が激しいようです

とりあえず、向かい合わせで設営
テント1
テント2
必要最低限の装備です

ホントは流行りのドーム型タープが欲しいんですが
夏のキャンプでは風通しが悪いんじゃないかと・・・購入の踏ん切りがつきません
知っている方がいらっしゃいましたら、真夏の使用感を教えてくださいませm(_ _)m

一日目は運転と設営でクタクタ
子供達をドコにも連れて行けないんで
キャンプ場主催の”マスつかみ取り”に参戦!
他にもプール(露天風呂みたいな感じでぬるい湯)、釣り堀もありました

↓ニジマスに翻弄される子供達(笑)
つかみ取り
つかみ過ぎ注意!1匹300円!!
取った魚は塩焼きでいただきました
でも、いっちょまえに子供達は鮎が食べたいんだと・・・

時間はすでに夕マズメ
飛騨イワナのイブニングライズを満喫したいが今日は我慢
時間はたっぷりあるんでね^^v
↑コレがのちに致命傷になるなんて・・・

夜の部に突入
ランタン比較
ランタンはGENTOSのExplorer 313CXと777XPを使用
両方ともデザイン、大きさはさほど変わりませんが
前者はLEDの青白光で明るさ重視、後者は暖色系の雰囲気重視
両方ともハンガーを利用しポールにぶら下げたが
はっきり言ってこれだけで十分!!
あとは持ち運び用のランタンがひとつあったので完璧でした

花火
露天風呂も花火も満喫したところで
疲れた体に酒が回りノックダウン

朝マズメの爆釣を夢見て
アラームをセットして早々と戦線離脱zzz.....



7/29(月)

屋根に当たる雨の音で目が覚める
集中豪雨だ
ニュースでは記録的な大雨と注意喚起していた
北陸では甚大な被害も出ていたらしい

鉄砲水の危険性もあり
釣りなんて出来る状態じゃない

料理を作る事も出来ず
カップラーメンでお腹を満たし
予定していた飛騨大鍾乳洞を見学しにいく 
楽しい時間が流れるが、外に出た瞬間、現実に戻される
雨は弱くなるどころか、激しさを増している・・・

テントサイトに戻るがやる事がない
仕方なく近隣の温泉施設”ひらゆの森”で夜まで暇つぶし
いや、避難か?
避難先の売店にてこんなん見つけましたが
ラーメンドロップ
あなたはチャレンジしちゃう派ですか?
僕は踏みとどまりました(笑)



7/30(火)

雨があがった
でも先日の豪雨で川は濁流と化している
いわゆるカフェオレ
今日も釣りが出来る状態ではない

傷心のまま上高地の河童橋に出掛ける準備をする

皆さんご存知かと思いますが
上高地は自然保護の為、マイカー乗り入れ禁止である
有料シャトルバスで行くのだが
駐車場代¥500 バス代一人片道¥1000 合計で3名¥5500なり
痛い出費である

河童橋
↑河童橋
パンフレットや絵葉書に出てくる風景だね
しかし、上流部だけあって濁り取れるの早いな・・・
河童橋2
別角度から・・・
かみさんに言わせると”ただの橋”だそうだ
ちなみにトイレは有料だったりします

一通り見学を終えテントサイトに戻る
途中、スーパーに寄り
子供達リクエストの鮎と美味しいトマトを仕入れ・・・

で、また塩焼き^^;
ホントは釣った岩魚を焼く予定だったのに チェッ
あゆ塩焼き

今日の夕マズメも濁り&増水が酷く釣りが出来なかった
明日こそ釣りが出来ますように・・・



7/31(水) 最終日

今日も増水が収まっていない
だが、釣りをするなら今しかない!

2人で考えた挙句
出撃!
出撃!

適当なところで車を止め入渓
熊の足跡
ハイ出たっ!
親熊の足跡
写真じゃ伝わりづらいけどかなりデカイです

注意しながら水辺に到着
激流1
フライマンならこの渓相を見て
釣りにならない事くらい分かりますよね

でも僕らはココまで来て簡単には帰れるほど良い子ではない
なんとか釣りになる場所を見つけロッドを振る
激流2

親友Kはドライで水面狙い、僕はドライ、ニンフで水面、ボトム両狙い
だが、終わってみれば2人とも撃沈!!

いや、正確には釣れたんだった
こんなん↓
ロリヤマメ
”ロリヤマメ”
アマゴでもイワナでもありません
正直、茨城や栃木でいくらでも釣れます 千葉には居ませんがね
釣ったところで嬉しさも感動もないんです(泣)
1時間ほど遊んでもらい撤収

テントサイトに戻り、後片付け
川原にて
奥飛騨温泉郷オートキャンプ場さん、お世話になりました
またリピーターとしてお邪魔します

さぁ、最後のイベント新穂高ロープウェイに出発
ココの出費も半端ない!
駐車代¥500、ロープウェイ往復¥2800 3人合計¥7500!!
お金足りる?

でも冒険した価値がありました
標高2200mまで一気に上昇↑↑
北アルプス
北アルプスの絶景!
3000m級の山々の頂上が・・・
あまりのスケールのデカさに感動さえ覚えました

冷えた体を足湯で温め
足湯
今回の旅はこれにて終了

釣り旅行としてはNGでしたが
家族旅行としては上出来でした


帰りの事故さえ無ければですが・・・(笑)
皆さんも気をつけて下さいね
ってか、気をつけようがないか^^;



んじゃまた!




 
<- 08 2013 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
profile

tossi

Author:tossi
みなさん はじめまして!
千葉県東葛地区在住のtossiと申します
フライ、トラウト、カンツリ、シーバス
エギング、ショアジギ、アジング、
メバリング等なんでもあり
最近フラットも始めました☆
何卒宜しくお願いしますm(_ _)m

tide graph
shopping
trackback
検索フォーム
メールフォーム(非公開)

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。