ナンバーワンよりオンリーワン

ナンバーワンよりオンリーワン

ビッグワンを求めて東奔西走している週末アングラーの釣行記です

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 

南房メバル&ムラソイ



まいどです!


突然ですが

先に言っておきます


今回のログはちょっと理屈っぽいです

読むのがメンドクサイ人は軽く流しちゃって下さい



今回は時間があるので

朝マズメと夕マズメを利用して

南房に尺メバルを狙いに行ってきました


シチュエーションは

磯とゴロタの混合地帯


結局、尺には届きませんでしたが

ちょっと興味深いことが起こったので

今日はそのことをメインに書きますね




唐突ですが

まずは結果から・・・




朝の部 ↓


メバル1


メバル2


メバル3

尺メバルは出ず・・・

水温が高いせいか?産卵が遅れているようですね


集合

朝の部集合写真 ↑

3匹(うち1匹はかいきの25cm)





そして夕方・・・


メバル4


メバル5


2匹(かいきはロリで終了)

またもや尺メバル獲れず・・・




・・・で

なにが興味深いのか?

と申しますと・・・


メバルのサイズの話し



かいきにはロリサイズばかりが連発し

僕は熟女サイズばかりが連発したんです


さすがに僕も理由が分からず

かいきと僕

何が違うのか?って

ず~っと考えながら釣りしてました


ある程度の仮説が立ちましたが

これは僕の理論上の話しなんで

かいきには一切言わず、心に仕舞い込みました


そして夕方の部、

全く同じ症状が発生し

かいきに一応僕の仮設を伝えました

最後の最後にね(笑





もっと早く言ってやれよ!






でもね

言わなかった理由があるんです


かいきは最近、メキメキと頭角を見せ始めてます

闘争心にやや難がありますが(笑


以前は雑誌やカリスマの信者状態で

”腕じゃなくルアーで釣ってるタイプ”

のアングラーだったのですがね



僕がいつも言うんです


「メディアやカリスマの真似なんかすんな!

お前は上手いんだから・・・

自分がカリスマになればいいんだよ!」



ってね

僕はそれぐらいコイツに期待してるんです



今回、かいきは僕の真似は一切しなかったし

釣る為のヒントなども質問してこなかったんです


その心意気を汲んであげるべきですよね?

なので最後まで言いませんでした




・・・で

今回の本題ですが・・・




落とし穴は

[近距離でのバイト]

手前でのバイトが非常に多かったんです


イコール

メバルは近距離に居る・・・


確かに間違いではありません

間違いではないのですが・・・


近距離に居たのは

小さなメバルだったんです


じゃあ、

僕が釣っていたデカメバルの

バイトゾーンはどこだったのか??


なんと

デカメバルも近距離だったんです



そう・・・

小型も大型も

手前でバイトしてたんです

これが、僕らを混乱させた要因です


でもよくよく考えると

掛けるまでのプロセスに

大きな差があるコトに気付きました




じつは・・・

今回のデカメバルは沖に居たんです


じゃ、なんで沖で掛からず

手前で掛かってくるのか?


前々から僕の記事を読んでくれている

勘のいい読者なら、

すでにお気づきかもしれませんが・・・


デカメバルは遠くからルアーを見つけ

ゆっくりと追尾してきて

手前の浅場で追い詰めた!と勘違いして

本バイトしてきてるんです 

多分ね(笑



でも・・・


「なんで遠くから追尾してるって

分かるんだよ」



オマエはエスパー伊東か?

って思いますよね


それは・・・


手前に来るまでに

たいていワンタッチ、ツータッチあるからです


今、考えついた都合の良い”後付け理論”じゃありません

過去記事を読んで頂ければ、分かると思います




まぁ、それはさておき・・・


今回はデカメバルを釣るためには

出来るだけ遠くへ投げる必要があったんです




僕が使っていたリグは”スプリットショット”

オーシャンルーラーのアクティブフロートと、

磯研1.9gシンカーを交互に使用


かいきはジグヘッド単体

0.8gをメインに1.0gも使用


お互い尺メバルを狙う為

かいきは4lbフロロ

僕はPE04を使用してます


これで1g以下のシンカーを投げたとしても

飛距離はたかがしれてます


まぁ、いつもはそれでも釣れてしまうんですが

今回は違った・・・

それに気付くか?気付かないか?が


デカメバルが居るか?居ないか?


という問題に発展してしまうので

気をつけなければいけませんね


あなたの地元ポイントにも

デカメバルがいるかもしれませんよ







さて、

釣果報告に戻りましょうか・・・


じつは、昼間の空いた時間で

ムラソイの穴釣りもやってました


ソイ

こうして・・・

かいき1

ここもチェックして・・・

かいき2

そらキタっ!

かいき3

冬って釣れないと思ってたんですが

全然釣れちゃいます

バンバン釣れちゃいます


今回は魚が小さかったんですが

運が良ければ30cm級も飛び出します


みなさんも暇つぶしにいかがですか?





最後になりますが・・・


今回のメバルは全てリリースしています


リリースしないとあっという間に内房状態になります

内房状態とは、小メバルしか釣れない

非常につまらない釣り場のこと


アクセスの良いポイント・・・

足場の良いポイント・・・


メバルポイントは房総にいっぱいありますよね

でも・・・

その中に尺メバルが狙えるポイントは

いくつあるでしょうか?


そう

どこも小さなメバルしか釣れませんよね


小さなメバルが釣れる理由は

小さなメバルはアングラーが持ち帰らないから・・・


中サイズまで成長すると

すぐに持ち帰られちゃうから

成長も見込めない


もうアクセスの良いポイントのメバルは

回復が見込めません  諦めました


今、デカメバルが釣れるポイントを

守っていくしかありません


デカメバルを持ち帰る場合は

家族と自分が食べる最小限にしましょう


じゃないと、

自分で自分の首を締める事に成りかねません


是非、ご協力お願いします



長文失礼しました



んじゃまた!





スポンサーサイト
 
 

内房デカメバル



ども!

先週、取れなかった平日休みが取れたんで

早速、内房に行ってきました



てか、その前に・・・

日曜日も行ってきたんで

簡単にまとめて釣果報告いたします




日曜日は、いつもの仲良し3人組で出撃

今回は外房まで乗っけていってもらったんですけど

ラゲッジ

なんでも出来るように準備したら、この有り様(笑

まぁいっか ハハハ



とりあえず出発!

深夜1時 ド干潮 外房到着


ココは僕が通ってきたアジングホーム

早速、先行者に状況を聞いてみると


「釣れませんね そろそろ移動します」

「良ければどうぞ」


ラッキーなことに場所を空けてくれた



・・・と、かいき、1投目からアジゲット!

え!?


・・・と、僕もアジゲット!

ハハハ


・・・と、パパさんにもアジが掛かる

オイオイ(汗


チョイ爆でした

サイズは小さいです

きっと、先行者さんと僕等が入れ替わった瞬間に

時合いが来たんでしょうね







そして朝・・・

男らしくヒラメなんぞ狙ってみたりしました

大荒れ

・・・が、波を被っただけで何もなし


気付けば

タックル

大物タックルは壁に放置され


アジングへシフト

ダメ人間

ダメ人間ですから・・・(笑


プチ爆

2人ともアジングセンスは抜群で

周りが釣れてなくてもバンバン水揚げするようになりました


アジ

かいき、アジ捌きご苦労様!

見事な腕前(捌きも実釣も)に正直ビビりました(笑






そして夕方

パパさんと2人で近所のシーバス狙いで出撃しますが

バチがどこにも居ませんでした(涙


「バチさ~ん!ドコ行っちゃったの~?」


パパさんはベイトパターンで

ホゲ回避

セイゴ

やっぱ、この人は上手い!


僕は、バラシとUターンに悩まされノーフィッシュ!

修行が足りません(泣








月曜は会社に出勤し、帰宅後、

今度は内房メバルへ・・・


ブロ友であるもんきちさんと一緒に

深夜1時から内房徘徊

じつはもんきちさん、半年振りの釣りだったりします(笑



集合場所にて

漁師さんに水温が急激に下がった事を聞き

テンションダウン↓↓↓


しかし、移動先でチビメバルの存在を確認できました

まぁ、大丈夫でしょう・・・

仮眠後、本命ポイントへ・・・


しかし、アタリは遠く

24cmの中型を1本獲ったのみ


「今日はこれで終了ですか?」















・・・んなことはございません

ブツ持ち

ちゃっかりと一発!!


これ?もしかしてもしかするかも?

ビッグ

マジかよ トホホ


はっきり言って、

内房でこのサイズを上げることは、至難の業であります


内房メバルアングラーなら

この気持ち、痛いほど分かりますよね?


でも、僕の目指すところは”オンリーワン”

いつか、内房で納得できる”オンリーワン”を仕留めてみせます!

メバルだからって、手は抜きませんよ!!



明るくなってからはデイメバルに遊んでもらい

AM7:00 STOP FISHING!



もんきちさん、今日はありがとうございました

メバル美味しく食べてあげてくださいね♪

リベンジマッチのお誘いお待ちしております!





以上、釣果報告は完了です

今週末も仕事が入りそうだけど

隙をみて出撃する予定です


その分、家族が犠牲になってますが

大丈夫なんでしょうか? ←誰に聞いとんじゃ



んじゃまた!




 
 

内房deメバル



皆さん

ごめんなさい

更新が滞ってしまって・・・


前回の更新から

仕事が忙しくなり

釣りどころではなくなってしまいましたもので・・・


そして今日・・・

とうとう釣りに行ってきました!

久々の釣果報告です







1/30(土) 深夜2:00

内房到着


久しぶりの海

いい匂い

いや、生臭い(笑


明るくなるまで4時間ぐらいか?

それまでになんとか大型を出せればいいが・・・






一箇所目

大型を狙っている為

港内は眼中なし!

常夜灯の灯りがこぼれる外海側テトラで

StartFishing!

1_201501311055023af.jpg
2_20150131105519dca.jpg

なさけねぇ~

結局オチビちゃんじゃん

23cmまで出たもののサイズが全く上がらない

(内房じゃ23cmでも立派な大型かもしれんけどね(笑)


ココは浅いので、今日みたいな月夜だと

明るすぎちゃって

大型は警戒してしまっているのだろう

ボトムまで丸見えだし・・・


場所変えしよう・・・






2箇所目

若干水深のある場所に到着

しかし

大型どころか、メバル自体が釣れない・・・

「とりあえずカラーチェンジをしてみっか!」

3_20150131105543945.jpg
5_20150131110222a4e.jpg

ポコポコ当たるようになったが

またもや大型なし(涙




30分ほど仮眠して・・・・・







3箇所目


「月夜のバカっ!」

真っ暗闇のはずのテトラ帯がぼんやり明るい

6_20150131110232e52.jpg

やっぱりな・・・Orz



小型を数匹追加してたら

向こうの空が明るんできた

朝マズメ到来か!?



と同時に・・・


「ジ・ジジジ・・・」


ドラグが滑るナイスなアタリ

すぐさまドラグを締めて・・・

26cm_20150131112942520.jpg

大型キタ~~~☆




すぐに追加は出来なかったが

まだ居るはず・・・


海爆50Sにチェンジして

同じ場所を、違う方角から狙ってみる・・・


「グググっ」

27cm.jpg

もういっちょキタ~~~☆





メバルのプラッギングはそんな難しいことはありません

ですが、ただやみくもに投げて巻いてるだけじゃ

せいぜい小型がじゃれついてくるだけ


狙ったコース、キャスト方向、レンジ、スピード・・・

潮、波、ストラクチャー、明暗、濁り・・・


釣る為には、いろいろな条件を知っていく必要があります

まぁ、これは回数を重ねていけば分かることですが・・・





なんだかんだ言って

数は結構釣れたし、それなりのサイズも釣れた


・・・で、改めて思ったことは

プラグだけでもゲームは十分成立するって事


でも、ワームを使えばもっともっと数は伸びる事も事実

今回結構多かったのが

掛け損なったヤツが

2度とアタックしてこなかった事

ワームだとキャストし直すと、何度でもアタックしてくるんですけどね




朝7:00 大型の気配は完全になくなり

StopFishing!




次回はドコに行こうかな?

尺メバルもいいけど

お気楽バチシーバスも釣りたいな


今後も休日出勤が続くだろうから

贅沢は言えませんけどね


んじゃまた!




 
 

常磐尺メバル



ども!

土曜日は仕事だったんだけど

早めに終わったんで、我慢できず深夜徘徊(笑


向かった先は常磐の地磯

もちろん尺メバル狙いである

毎年暖かくなるとメバルが接岸する

もうすでに気の早い連中が入っているかもしれない・・・

僕は居ても経ってもいられなかった

↑気が早いのはオマエだ






深夜0時現着


僕の行く場所は基本浅い為、普段から波が高い

今回のポイントも上記の理由から

干潮時しか入れない

実際、釣りができる時間は正味1.5時間ぐらいであろう


モタモタしていられない

僕は早速表層を絨毯爆撃した

・・・が、反応はない

まだ早かったか???


30分ぐらい粘っただろうか

突然、リグにかかる抵抗が増してきた


潮変わりだ


払い出す潮が速すぎて

1.2gシンカーでは安定せず、すぐにリグが浮く

1.8gに変更

カウント3からリトリーブを開始しようとすると・・・


「モゾモゾ・・・」

って感じの感触が手元に伝わる

かる~くテンションをかけると重みが確認できる

ワームを咥えて、その場で留まっているようだ


このアタリはまさに

デカメバルのそれ


バシっ!


デカっ!


メバ1.5



いったなコレ 多分・・・



メバ1

尺メバル


コイツ、結構メタボで

「ネット出すか?」

とも思わせる個体だったけど

波が高かったんで、寄せ波使って引っこ抜いた

ロッドはバットまでグンニャリだったけどね ハハハ

これでまたフィネッツァの寿命が縮まっただろうなOrz...



その後も同じパターンで・・・

メバ2

メバ3

メバ4

メバ5

メバ0

潮が変わった途端、これだもんなぁ(困


コイツらは、タイドプールにまとめておいて

最後に集合写真を撮りたかったのだが

今までの経験上、すぐに弱ってしまう


ということで・・・

似たようなサイズだが

今日は1本ずつ写真を撮って

すぐさまリリース

もっともっと大きくなって釣り人を楽しませてくれ




ところで・・・

今回、釣りをしていて思った事だが

Gクラのハンドルノブ(金属製)で感度も上がったのか?

めちゃくちゃ細かいアタリが拾えた

あっ 突っついてる

あっ 咥えた

あっ 離した

なんてのも手に取るように分かった

きっとノブの恩恵ではなく、魚までの距離の問題であろうが・・・


でも、それが良い方に転ぶとは限らない

残念ながら、早アワセしてしまうんだ これが・・・

何回スッポ抜けたか分からない


だからアタリに気付いても、無視して巻き続けなきゃいけない

重みが伝わるまで待たなければいけないのである


・・・で結局、最後まで食い込まず

追いかけてきた魚を足元に寄せてしまう事多数(泣


次のキャストで足元を狙う事になるのだが

困った事に、近いとアワセの際に必要な

”間”

を作りづらいのである


十分なストロークが得られずにアワセを入れると

フックが貫通しないコトが多いのである

フックが太軸なのも災いしてるんだが・・・


でもね

甘掛かりでバレたはずの魚が、何回も何回もアタックしてくるんだよね

信じられないでしょ!?


バラシたら、まだソコに魚が居る


何年もメバルをやってきて

うすうす感じてはいたが

今回ではっきりと自信を持って言えるようになった

こんな時もあるんだと・・・


結局、時間を掛けて5~6本獲ったところで

本日の釣りを終了とした









来週は子供の運動会だ

もしかしたら、また深夜徘徊するかも?

エギングもやりたいしね



んじゃまた!




 
 

単発の伊豆メバル



このブログをご覧の奇特な方

釣果報告を見に来てくれた真面目な方

暇つぶしに来てくれたどうでもいい方


ホントに申し訳ありません


ただいまtossiは充電中でございます

いや、釣りやブログが嫌になったわけではありません


週末も仕事の日々が続いている為

ブログアップするにもネタがないんです


しばらくは仕事の隙をついた短時間の釣りがメインになってくると思います

釣果が伴うかどうか?は自信がないけど

とりあえず釣果報告はしますんで

もうちょいお待ちを・・・




P.S

最近はシーバスに興味が沸いてきてます

とりあえずネットを中型から大型にしてみました

すぐに取り外せない肩ベルトも止めました

フローティングベスト背中のDカンんトコにホルダー刺しただけ

ネット

それより、なぜいまさらシーバスかって?

だってポイント近そうじゃない?


その気になれば、市川、船橋辺りでも釣れるんでしょ?

今の僕には好都合!

夜なら3~40分あれば行けるよ


どうせ狙うならデッケーの狙うんだ

えっ?湾奥じゃデカイの釣れないの??


まぁ、メディア、カリスマなんぞ全く参考にせず

自分の力でゆっくりと発進してみますわ(笑




んじゃまた!







・・・といいながら

早速”仕事の隙”が出来たんで

釣果報告に移ったりしちゃったりします


じつは土曜日も仕事だったんですが

急遽、夜のみ時間が空いたので強行突破!


土曜夕方、釣り友”bu-ta”を拾い

東伊豆に舵を取る

狙いはもちろん尺メバル





0:30 現地到着

僕はどうも伊豆との相性が良くないらしい

  爆風激雨


いや、天候が崩れるのは分かっていた

だが、チャンスは今日しかなかったのだ


潮が上がるまでカマスに遊んでもらおうと思ってたのに

雨の中、アタリもなく20分でギブアップ!!

避難

車に避難し、もんきちさんとのメールやりとりで暇つぶしをしてました

もんきちさん、盗撮はヤバイって!

たとえ女装したおっさんとはいえ・・・(爆



ホントはAM2:00くらいから朝までメバル三昧といきたかったが

予想に反し、雨が酷かったのでしばらく仮眠




AM4:30

雨の中、覚悟を決めて短時間勝負に出撃


表層にワームを漂わせて、時折ポーズを入れる・・・

ココは水深30cm~1mなんでレンジなんぞ深く考える必要はない

ストラクチャーにタイトに着いたメバルに

見付けてさえもらえば、それで良いのだ


問題は自分の操作するリグが

今どのように動いていて、ドコを通過しているのか?

メバルはどの辺に付いていて、どこら辺で捕食しそうなのか?

適当ではない 想像し実行することが重要なのだ



”ドスン”とした衝撃と共に魚が水面を滑ってきた

メバル1

サイズ

完全にアフターの個体だね


メバルをやらない方からすれば

「伊豆まで行ってこんな小さい魚釣ってナニが楽しいの?」

って思うんだろうが、僕にも理由は分からない

ただ、デカメバルにはリスクを冒してまで冒険する魅力があるのは確かだ


bu-taもよくついてきてくれた

普通なら「オレ寝てるわ」って状況だったもん


その甲斐あってbu-taには尺リーチがかかったらしい

ただ、主導権が握れず根に入られ、激アツチャンス終了みたいな・・・プププ

だが、24cmをきっちり一匹GETしていたのはさすがである



こうして2時間弱の修行は終わりを迎えた



今回も撃沈だったが

まぁしょうがないでしょう

これが精一杯だったんで・・・


大荒れ

帰り道・・・

堤防には波が乗り上げ

今日の過酷さを物語る


”メバルは凪を釣れ”

よく耳にする言葉であるが

外海シャローを主戦場とする僕には無縁の言葉なのか?


次回こそ、好状況での釣りが出来る事を祈るばかりである



んじゃまた!




 
<- 06 2017 ->
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
profile

tossi

Author:tossi
みなさん はじめまして!
千葉県東葛地区在住のtossiと申します
フライ、トラウト、カンツリ、シーバス
エギング、ショアジギ、アジング、
メバリング等なんでもあり
最近フラットも始めました☆
何卒宜しくお願いしますm(_ _)m

tide graph
shopping
trackback
検索フォーム
メールフォーム(非公開)

名前:
メール:
件名:
本文:

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。